MT4でバイナリーオプションが開花!

もしも貴方がこれから本格的にMT4とともに、FXをやってみたいとお考えなら、その前に、まずはバイナリ—オプションで外国為替市場や為替相場に慣れ親しんでおくことをお勧めいたします。

バイナリーオプションならばルールは簡単ですし、円やドルばかりではなく、今では多くの業者で様々な通貨を扱うようにもなってきています。ですからFXの腕ならし的な観点からも、バイナリーオプションは最適です。



ただしバイナリーオプションは奥が深いので、決して一時の腕ならしだけで終わるようなちっぽけな投資ではありません。たとえFXの大ベテランであろうとも、FXとバイナリーオプションとを効果的に使い分けて、確実に利益を狙うこともできるのです。

たとえば市場が値動きの小さなレンジ相場に完全に入ってしまった時などは、FXよりも、むしろバイナリーオプションで儲けるチャンスです。

なぜならバイナリーオプションならば、たとえわずかな値動きだったとしても、予想が的中すればそれで勝利になるからです。確かにバイナリーオプションにはFXのようなレバレッジはありませんが、それでも投資額やエントリー数の増減を効果的に調節すれば、レンジ相場でも確実な利益を狙うことが十分に可能です。

それにバイナリ—オプションでは、業者によっては世界中の様々な通貨ペアを取り扱っていますので、それらの多くに同時にエントリーすることでリスクも分散できます。円やドルやユーロなどの馴染みのある通貨だけではなく、時には新興国のハイリスク・ハイリターンな通貨ペアを選択することも良いでしょう。

FXとバイナリーオプションの連動

FX取引にバイナリーオプションを連動させて、敢えてFXとは逆の投資をすることによってリスクをヘッジすることもできるのです。要するにトータルで確実に利益を挙げることが出来さえすれば、それでOKなのです。それが投資というものの本質です。

ただ、注意しなければならないのは、バイナリーオプションはルールがシンプルで誰にでも気軽に参加しやすいので、どうしても無駄なエントリーが増えてしまう傾向が強くなってしまうものです。何も考えずに惰性でエントリーを重ねてしまうと、その途端に、勝率が下がってしまうことが多いのです。ですからその点に常に注意して、自制心を失わないようにしなければなりません。

為替相場の動向をしっかりと見極めて、エントリーのタイミングを間違えないようにするのです。こうしてバイナリーオプションでキャリアを積んでいけば、そのキャリアは、きっとFX投資でも役に立つようになることでしょう。

ファンドマネージャーとは投資家から資金を集め、その資金を投資家に代わって運用するプロのことを言います。

投資家は投資ファンドを購入すると言う形で資産運用に参加することが可能です。
一つの銘柄に集中的に投資すると、万が一その銘柄に何かあったときが大変です。

そこでファンドマネージャーがポートフォリオを組んで国内外の株式や債券、商品などに分散投資を行いリスクを分散しています。
銘柄を選定する場合はファンドマネージャー一人で行うのでは無く、アナリストやエコノミストなどとコミュニケーションを取りながら決めていくことが多くなっています。
投資配分についてはファンドマネージャーが決めていきます。
個人投資家がこれらの銘柄に分散投資を行おうとすると大きな資金が必要です。

しかし投資ファンドなら手軽な資金で分散投資が可能となります。
ファンドマネージャーが組んだポートフォリオはずっとそのままでは無く、当初のベンチマークよりも運用結果が上回るように状況に応じて入れ替えしています。
ファンドマネージャーは投資信託会社、投資顧問会社、保険会社などで活躍しています。
未経験の者がいきなりファンドマネージャーとして活躍するのは難しいです。

そこで投資信託会社、投資顧問会社、保険会社などに就職した後、アナリストとして経験を積んだ後にファンドマネージャーを目指すことが多くなっています。
投資信託会社、投資顧問会社、保険会社などに就職するには大卒以上の学歴が必要です。

経験を積んだからと言って誰でもファンドマネージャーになれるわけでは無く、投資家の大切な資金を預かるために能力の高い者しかなれないことが多いです。
ファンドマネージャーを目指すには証券アナリストと言う資格をなるべく早く取得したほうが良いと言われています。
証券アナリスト第2次レベル試験では直近の合格率が40%台後半となっています。
専門的な知識が求められるものの、難関な司法試験と比べると比較的取得しやすい資格です。
ファンドマネージャーは年収の高い職業の一つです。
国内のファンドマネージャーの平均は年収700万円以上、40代になると年収1000万円以上は期待できます。
海外の巨大ファンドのトップファンドマネージャーの中には2000億円以上も稼ぐ者が居ると言われています。

これだけ巨額な報酬を稼ぐファンドマネージャーはごく一部ではありますが、自分の能力次第では大きな年収を得ることができるのです。

しかし浮き沈みが激しいため、勝ち続けるのは至難の業となっています。